佐村河内 守

久々の日記

そういえば、最近、日本のベートーベンとか言われている
佐村河内 守さんが実は耳も聞こえていて作曲者が別にいるとか話題になってるね。

以前に特集されたNHKの番組見たな。
苦しみながら曲生み出したり、被災地の心を閉じた少女との交流とか
被災地のコンサートとかやってたね。
ウソだったね~~

でも一番に考えたのは、記憶があいまいだがあの番組だと
震災で両親を亡くした少女が佐村河内 守さんと交流して
徐々に心の傷が癒えてなんんて紹介してたな。
うちらみたいに傷物の腹黒い大人が騙されるのは良いんですが
あういう純粋な子が傷ついてないかなって心配になった。

詐欺師なりにそのキャラで役に立とうとしてたと信じたいです。

曲については番組を観た当時は綺麗な話だなって感動して、
なんとなく良い曲かもなと思ったし
今聴き直したけど良い曲なんだろうと思った。
でも、クラシックとか良く分からないし違いが分からないよね・・・

今回の件を見ると人間の感覚ってあてにならないなと思った。
最近の一流レストランの食品偽装問題とかだと
○○産の食材とか表示されてお客さんは食べてる時は美味いと感じて
後でばれたら文句言うし
TVだとダウンタウンの格付け番組とかもさんざんうんちくたれて
思いっきり予想をはずしてるしね

僕もジャンルが違うがクリエーターですが
悲しい事にある程度以上になると評価は似たような物になるので
作品を生み出した人のキャラクターとかストーリーとか
影響与える事があるなと感じる時がある。
もちろん作品が良くて好きになったと言うのが前提ですが。

イラストや絵だと健康で普通の人が描いた場合と比べて
ストーリーを持った人が描いたと言われると評価が変わるよね
それこそ目が見えない人、手や指がない人が描きましたとか
大事故で全てを失って失意の底にある人が乗り越えたとか
この作品を売ったお金で社会貢献をしますとか
元やくざが感動する絵本を描きますとか

食べ物だと苦労して育てた無農薬野菜で作りましたとか
フランスの三ツ星料理店で10年修行してきましたとか
TVや雑誌で活躍してる料理人ですとか

生み出された作品が自分に合ったのと合わせて
バックボーンを頭で良いなと考えて素晴らしい満足したとなるんだろうな。

例えば、最初からゴーストライターの方が売り出してたら
ここまで受け入れられなかったんだろうな。

人間の感覚なんてあてにならないね。
でも生み出された作品は罪がないし良い作品と思うので
作品だけ許してあげて欲しいと思うな。